池田クリニック/美容外科・美容皮膚科

美容、アンチエイジングに関わる最新情報を、黒崎先生の執筆のもとお届けいたします。

小顔・たるみ・輪郭

切らないフェイスリフト治療

投稿日:  投稿者: 更新日: 更新者:

ほうれい線やフェイスラインの脂肪やむくみを、施術直後から改善する人気のイリュージョン注射と、ボリュームロスを補うヒアルロン酸注入による、リフトアップ治療のご紹介です。

イリュージョン注射とは、脂肪を萎縮させる薬剤と抗炎症作用のある薬剤を混ぜて、注入することにより小顔にみせる注射です。

脂肪溶解注射とはちがい、ほとんど腫れず治療直後より、効果を実感することができる人気の施術です。

 

加齢とともに、骨や皮下組織のボリュームロスが、顔のたるみやしわの原因となります。
新しいヒアルロン酸「ジュビダームビスタ®ボリューマXC」を頬骨上に注入し不足したボリュームを補って、若々しいフェイスラインを取り戻します。

ジュビダームビスタ®ボリューマXCは、アラガン社独自の技術により製造され、高分子量と低分子量のヒアルロン酸を混合して架橋することで架橋効率が向上し、従来のヒアルロン酸注入材に比べて網目構造がより密になっています。
これにより、酵素分解されにくく、持続性の高いヒアルロン酸注入材が開発されました。約24ヶ月の長期にわたり治療効果の持続が期待されます。

さらに、密な網目構造のヒアルロン酸ネットワークにより水分を取り込みにくくなり、膨潤しにくい「低吸水性」が実現されました。従来のヒアルロン酸では、親水性があり注入後、経過とともに水分を含み、膨潤することが稀にありました。

施術は、ホウレイ線やしわに直接注入するのとは違い、頬、こめかみへ注入することによりリフトアップ効果を生み出します。また下顎や前額にボリュームをだすのにも効果があります。

 

まず、イリュージョン注射でほうれい線やフェイスラインの脂肪やむくみをへらします。

 

 

次にタルミの改善です。

リフトアップした状態で頬骨上にヒアルロン酸ボリューマを注入します。

 

 

術前、術後の写真です。

 

切らずにタルミが改善され 若々しくなりました。

 

気になるところに、ヒアルロン酸などを注入しすぎると、顔はパンパンに膨らみいわゆる整形顔になってしまいます。

減らすべきところはへらし、必要なところにのみ注入するのが、おすすめです。

 

タルミがつよい場合は、コグ(糸)によるひきしめが効果的です。

イリュージョン注射+Jリフト(コグ) 治療も人気の施術です。

 

注射や糸を入れるのに抵抗がある方は、リフトアップマシーンもございますので

小顔治療にご興味おありの方は大阪いけだクリニックまでご相談ください。

 

イリュージョン注射      1本 ¥50,000

ヒアルロン酸ボリューマによる リフトアップ は注入量によりますが

上記症例のような4点の場合は   ¥40,000  です。

 

 

-小顔・たるみ・輪郭

執筆者:

関連記事

顎ヒアルロン酸

エラBTX

エラボトックス

PDO製スレッドリフト

ウルトラセルQ+(HIFU)

新しいスレッド