池田クリニック/美容外科・美容皮膚科

美容、エイジングケアに関わる最新情報を、黒崎先生の執筆のもとお届けいたします。

- その他

帯状疱疹ワクチン

投稿日:  投稿者: 更新日: 更新者:

50歳をすぎたら、帯状疱疹の予防接種ができます。

帯状疱疹は、子供のときに感染する水ぼうそうのウィルスが原因で起こります。成人の90%以上は帯状疱疹の原因となるウィルスが体内に潜んでいて、加齢などによる免疫力の低下が原因で、80歳までに約3人に1人が帯状疱疹を発症するといわれています。

皮膚科外来でもよくみる疾患で、一般的には抗ウィルス薬の内服治療ですが、悪化や重症例では点滴入院治療が必要になります。

症状はピリピリする神経痛、一般的には片側の胸、背中、腰にかけて紅斑、水疱ができます。顔、腕、下肢に出現することもあります。

母親が去年、帯状疱疹になり、水疱、疼痛がひどく入院もすすめたが、内服で治療をおこない、少しづつ軽快したが、1か月ほどはつらそうでした。

神経痛は急性期の痛みと帯状疱疹後神経痛とあり、服がすれるだけでも刺すような痛みがあり、日常生活にかなり支障がでます。神経痛は数か月つづくこともあり、帯状疱疹を予防することができるなら、ワクチンをうつのがおすすめです。

当院でも50歳以上が対象の帯状疱疹を予防するワクチン シングリックスをうつことができます。

大阪では公費負担はなく、自費になります。1回 ¥22,000(税込)です。

1回目接種後、約2か月あけて2回目の注射が必要です。

非常に高価ですが、50歳以上でシングリックス2回接種した方における帯状疱疹の発症有効性は97%といわれています。

帯状疱疹ワクチン シングリックスを接種希望の方は、大阪いけだクリニックまで、ご予約お願いします。

【料金】 1回 ¥22,000 (税込)

【施術のリスク・副作用について】 重大な副反応 アナフィラキシーショック

・注射部位の疼痛、発赤、腫脹、掻痒感など

・胃腸症状、頭痛、筋肉痛

・倦怠感、発熱など

-- その他

執筆者: