池田クリニック/美容外科・美容皮膚科

美容、アンチエイジングに関わる最新情報を、黒崎先生の執筆のもとお届けいたします。

小顔・たるみ・輪郭

Jリフト (切らないフェイスリフト)

投稿日:  投稿者: 更新日: 更新者:

コグ(トゲ)のついた溶ける糸を用いた、切らないフェイスリフトである

Jリフトのご紹介です。

人気のイリュージョン注射も併用し、Jリフトを左右2本ずつ挿入しました。

まずほうれい線に、イリュージョン注射をおこない、頬の脂肪を減らします。

 

 

こめかみの生え際付近に針穴をあけ、Jリフトを挿入します。

コグ(トゲ)がついているため、針を抜くと皮下組織にコグ(トゲ)がひっかかり、糸が残りリフトアップされます。

 

 

 

目の下から頬の中央へのしわ、ミッドチークライン、俗称ゴルゴラインの改善も認めます。

 

JリフトはPDO製です。PDOはPolydioxanoneの略で、手術用縫合糸としても使用される吸収糸です。加水分解で溶け、体外に排出されるので安全です。

<症例2>

同様にイリュージョン注射とJリフト2本×2による施術

ほうれい線の凹みが改善し、フェイスラインがすっきりしました。

Jリフトの由来である jowl loose(下顎のたるみ)の改善には さらに2本ずつ挿入するのが良いと思います。

傷跡や腫脹がほとんどなく、ダウンタイムが少ないので人気の施術です。

コグ(トゲ)つきの溶ける糸、Jリフトによる切らないフェイスリフトのご相談は

大阪いけだクリニックまで

 

-小顔・たるみ・輪郭

執筆者:

関連記事

PDO製スレッドリフト

最新RF治療器

顎ヒアルロン酸

エラBTX

エラボトックス

新しいスレッド