2019 . 5 . 31

赤唇を強調したいから白唇短縮術は正解。口角挙上術を併用しないと富士山型になります。

巷間では人中短縮術と称する人が多く、私はいつも「人中だけ短縮したら富士山型唇になってしまいますよ!」と警鐘を発して来ました。唇とは赤い部分が赤唇で、その上の皮膚(鼻の下)もくちびる、白唇です。だから人中部中心の上白唇短縮術と称しています。私は両側の鼻翼の下の間を同じ幅切除しますから、富士山型にはなりません。ただしその両外は引き上げませんから、症例により(口角が挙がっていない人)口角挙上術を同時に施行する事が多く、そうする事で富士山型の逆に弓型の赤唇縁を造って来ました。

人中中央の長さを測り、15㎜以上の人は短縮術の適応だと云われています。この長さは加齢と共に10歳で約1㎜は伸びていきますから、長いと年齢を感じさせます。でも、長さだけを治すのではありません。赤唇の形態や3次元的前後位置の改善も求めるデザインを駆使して来ました。

本症例は17㎜ですが、赤白唇の形態がつまらないので、改善の余地がありました。それは可愛らしさを揚げる作用でもあります。ただしそこは社会性も影響します。唇は擬態です。セクシーな可愛らしさを求める人と奥ゆかしい品性を求める人では求める形が違います。本症例は可愛い女子で社会的にもそこが売りの様です。その割につまらない唇の雰囲気で、まだ若年だからと言ってももう少しセクシー間が欲しいと感じます。いろいろ検討していくつかの点を改善し迷うという事になりました。見事に造り上げられたかは画像を診て楽しんで下さい。

症例は22歳女性。白唇長17㎜。歯槽骨突であり、頤にヒアルロン酸を注射していてもE-ラインより口が3㎜前方にある。上顔面(生え際〜眉下)64㎜:中顔面(眉下〜鼻下)63㎜:下顔面(鼻下〜頤尖)67㎜と比率的に下顔面が長い中で、上口唇(白唇+赤唇)27㎜:下口唇(赤唇〜頤尖)40㎜と黄金比率を適用すると上口唇が長い。人中は深いが弓がなだらか。結節と口角にH−Aが入っている。このままではデザインが不明なので、手術の2週間前にヒアルロニダーゼで溶かす。

内眼角間32㎜:鼻翼幅35㎜:口唇幅50㎜で黄金分割比を適用すると、計算上口唇幅は52〜56㎜が目標となる。口角は30度方向へ5㎜挙上したい。頤はヒアルロン酸でメンテナンスしながらいつかはプロテーシス挿入手術を受けたい希望もある。ちゃんと手術の2週間前に来院してくれて、口唇に1.0㏄のヒアルロニダーゼを注射した。

手術日に訊いたら、溶かして直ぐに減った。結節が無くなって、しかも口紅を引かないと(弓を書いていたのか!)、ご覧の様にCupidの弓が緩い。人中の幅もある。人中部白唇短縮術は4㎜切除要、口輪筋を折り畳んで外反しっかりし、人中部で両側を1.25㎜寄せて、人中を深く、弓をはっきりさせながら、口唇結節(上赤唇中央の膨らみ)を造ることとした。口角は30度方向に5×10㎜の三角形を切除し口角から鼻翼下まで綺麗に引き上げるデザインを決めた。

画像を観ましょう。術前画像から。

IMG_5794IMG_5797

社会的に可愛く魅せたいから、美容的に留意して来た。確かに口紅がないと野暮ったい口元。上口唇と下口唇の合わさる線に波がない、つまり結節がない。弓になっていない赤唇縁。人中窩(人中の赤唇縁の上にある深い窪み)が不明瞭。

IMG_5798IMG_5801斜位像、側面像ではE-ラインよりも口元がちょっと前。両サイドまで前突した白唇がモッコリ感。

下段はデザインを書いた直後。

IMG_5806IMG_5804

予定のデザインです。重要な人中と弓と結節の作製のデザインは術中に測ります。上の画像での2本の切開線のうち、両側鼻柱基部の2点より下の線の人中稜の部分の方が、1.5㎜ずつ外側に真皮縫合を掛けて白唇を寄せると、人中が狭く、Cupidの弓が急に、上赤唇中央が前突します。

下に手術直後の画像。

IMG_5808IMG_5814

白赤ともに唇が腫脹していますから、作製した唇の形態は解りません。わずかに弓が急になったのが解るくらいです。

IMG_5810IMG_5813口を閉じようとして下口唇を挙げますから、下赤唇が前に出ます。術後しばらくは上口輪筋が働かないから、力を入れないと口が開いているし、意識的に閉じようとしても下口唇しか動かないからこの様な表情になります。でも必ず上口輪筋が回復し、上下の口輪筋が無意識にバランスを取って閉じる様になります。

下に術翌日の画像。

IMG_5822IMG_5823

出血は止まっても腫脹は亢進します。ただし人中は深くなりましたし、弓も狭くなりました。

IMG_5821IMG_5825下口唇の前突は減りました。ご覧の様に力を入れて意識的に口を閉じるのを辞めています。

疼痛は通常より軽い方です。口角の影響で開口2横指です。血痂は除去しました。48時間までは更に腫脹が亢進するでしょう。その後引き始めます。

術後1週間での画像では如何でしょう?。

IMG_6035IMG_6040

早くもCupidの弓がはっきりしていました。人中も深い人中窩が残り深くなりました。上口唇結節(赤唇中央の膨らみ)はまだはっきり診られません。全体が腫れているからです。術後1週間で腫脹はピーク時の半分以上残っています。

なお、鼻の位置も半量程度戻りつつあります。傷跡の凹凸は抜糸時に引っ掛けたからで、これから解消する程度です。

口角の挙上と口唇横軽の拡大は急峻ですが、経過中になだらかになります。ただしそれは、後戻りではありません。

IMG_6036IMG_6039斜位像や側面像ではまだ下口唇を挙げて写っています。上下口唇共、E-ラインからの前凸が少ない骨格なので、可愛くなります。

術後2週間で画像を戴きました。

IMG_6244IMG_6245

腫脹が半分程軽快してきました。白唇はすっきりしています。赤唇の中央の結節も見え始めました。Cupidの弓が急になり頂点(両側人中稜の下端と赤唇縁の交差点)の幅が狭くなりはっきりした赤唇縁になりました。もちろん人中も深く狭くなり綺麗です。

口角はキュンっと挙がって可愛いです。

IMG_6246IMG_6249まだ口を閉じる際に下口唇を挙げます。上の口輪筋が回復するまでは数週間罹ります。

周囲から可愛いと誉められたそうです。性格が可愛いし、口元が優しい雰囲気になり、この手術の効果がピッタリです。

術後経過中、形態は変遷します。機能は回復します。機能回復は動的形態に直結します。今後の経過が楽しみです。読者の皆さんはこれまでのブログでご存知でしょう。本症例の患者さんもよく理解していますから安心しています。

術後1か月で来院されました。

IMG_6629IMG_6634IMG_6630IMG_6633可愛いでしょ?。

当院は、2018年6月に厚生労働省より改定され施行された省令「医療機関ホームページガイドライン」に遵守しホームページの修正を行っています。

施術のリスク・副作用について・麻酔薬にて、アレルギー反応を起こす場合があります。その場合は適切な処置を行います。・腫れは個人差がありますが、手術直後から少し腫れがあり、翌日がピークで徐々に引いていきます。目立つほどの大きな腫れは1~2週間程度です。・術後のむくみや細かな左右差の改善には、3ヶ月程度かかります。・内出血が起こった場合は完全にひくまでに2週間程度かかることがあります。・感染予防のため、抗生剤を内服していただきます。・抜糸までの間、鼻下を伸ばす表情はお控え下さい。・口唇部の違和感は、2~4週間程度かかります。・手術後2週間は、口を大きく開けることはお控え下さい。・手術直後は、つっぱりを感じることがありますが、2週間程度で改善していきます。・手術当日は、洗顔をお控え下さい。・手術後3日間は、飲酒・激しい運動・サウナ・入浴など、血流が良くなることはお控え下さい。・手術後1週間(抜糸まで)は、鼻孔部位のお化粧はお控え下さい。・ケロイド体質の方は傷跡が残りやすい場合があります。

6月から費用の説明も加えなければなりません。上口唇短縮術は28万円+消費税。口角挙上術は25万円 +消費税。ブログ掲載の契約を受けてもらえたら、出演料として20%オフとなります。