2020 . 5 . 19

口周りの手術が続きます。

日本全国、いや今や全世界的に半ばマスク着用を義務付けられ、口周りの手術後を隠せるし、就労自粛でダウンタイムに周囲の人に会わない機会を作れるから約2週間のダウンタイムを巣ごもりできるから、口周りの手術が続きます。でも考えてみたら、マスクしている間は患者さんは口周りの形態改善の結果を誇れないじゃないか?。でも数ヶ月の中長期的計画で考えていけば意味があります。人中部の白唇短縮術は短縮効果が主たる目的でしたが、私はいろいろ工夫して形態的な改善も加えてきました。形態的な結果は日数を経なければ見えてきません。ですから確かにこのチャンスは有用です。医療者は時短や休日などの自粛協力はしてきましたが、基本的に休業対象から外れています。従って口周りの手術が続いています。今回の症例は形態的改善を主たる目的として手術に臨みました。画像を見ればよく判ります。詳しく説明します。

症例は35歳女性。4年前鼻は他院で手術している。人中部の白唇の長さは19㎜。上顔面55㎜:中顔面61㎜:下顔面60㎜と顔面縦の比率は取れている。下顔面を分けると上口唇(白+赤)23㎜:下口唇(赤〜頤)37㎜で現在黄金比でも頤が長くなったらミニVを考えているとの申告。E-ライン(鼻尖と頤前縁を結んだ線)よりも口唇が後ろにある物腰が優しいお淑やかな口元で、白唇短縮術の適応はなくは無いが私としては悩んでいると、内反が強い白唇で、人中が狭いが浅い。Cupid の弓が見えないに等しく!?、口唇結節(上赤唇中央の膨らみ)が無い白唇も赤唇も貧弱な口唇であることを患者さんが訴えるから、診るとその様な形態である。白唇短縮術は切除して数字的に顔面縦比率や口唇部付近の比率を適当にするのが従来からの目的ですが、私は多くの症例を診療してきて、付加価値を加える手技を開発し頻用してきました。ブログにも詳しく説明してきました。患者さんはよく見てきたそうで、理解されてます。ならば、頤形成術も念頭に入れての人中部中心の白唇短縮術に付随しての口唇形態改善が可能である。シミュレーションすると、鼻柱基部を縫合する際に両側の白唇を1.25㎜寄せれば形態改善が可能と考えられた。今回口角挙上術は見合わせる。でも顔面横方向の比率を見ると、蒙古襞が拘縮で吊り目。重瞼弱い。27.5:53:65で一辺4㎜のZ-形成術の適応はある。

手術日に確認しました。そもそも頤をそんなに多く切らなくて良い様に配慮し白唇は最低線の4㎜切除を決定します。口輪筋を折り畳んで充分に外反をしましょう。両側1.25㎜寄せる予定だったが、プラス@で1.5㎜近く寄せようと提案した。

各方向の画像を経時的に診ながら説明します。

IMG_8240IMG_8248

上左図は術前。計測値通りの数値ですが、形態もよく判ります。確かの口角は下がっていません。上右図はデザイン画後。上の数字通りです。両側鼻翼下間を同じ幅切除すると鼻翼の横の外側の軟部組織が余りますから、回り込みます。

IMG_8251IMG_8253

いきなり、術中の画像を撮りました。上左図は切除直後。底に見えるのは口輪筋です。右図は鼻翼基部から外側だけ真皮縫合後。ぴったり合わさっています。

IMG_8256IMG_8580

 

上左図は手術直後。3層目の皮膚縫合は連続縫合ですから、透明の糸でも血液が付着してらせん状に見えますが・・。上右の術後1週間で両側鼻翼基部間は抜糸しましたが、糸の跡は見えません。

下列に近接画像。術中さらに撮りました説明を加えます。IMG_8243IMG_8249

上左図は術前。上右図はデザイン。この通り切除します。

IMG_8250IMG_8252

まず上左図の様に切除します。バイポーラー電気メスで止血した直後です。筋肉は止血すると真っ赤(血液の色)ではなくなります。上右図はその口輪筋を縫合後。切除幅の半分は寄せます。縫合時に出血して血が溜まっています。口輪筋を縫合する際に折り畳んで外反を目論んでいますが1層目の段階ではこの程度です。内反しない様にしただけです。

IMG_8254IMG_8255

ここが売りです。上左図は鼻翼基部まで真皮縫合してから、鼻柱基部を真皮縫合しました。その際1.25㎜寄せました。まず上の創縁=鼻柱基部に糸を掛けてから、直下の下の創縁にマーキングしたら、それより1.25㎜外側に掛けます。両側糸を掛けたら結紮前に糸を引いて寄り具合を見ます。結紮すると確かにCupid の弓が急になり、人中が狭くなっています。口唇結節がわずかに膨らんでいます。上右図は合わせて18針真皮縫合後。隙間なく寄っています。真皮縫合が終わった時点の傷跡の幅になるのです。形成外科医なら新人の際に上級医に口酸っぱく仕込まれた常識です。非形成外科のチェーン店の美容屋は研修を経験しませんから手を抜くのです。

IMG_8257IMG_8580

上左図は3層目の皮膚縫合後。上右図は術後1週間。両側鼻翼間は抜糸しましたが、鼻翼横は抜糸ていません。透明糸で連続縫合なので見えません。

下列には斜位像。

IMG_8247IMG_8260IMG_8581

左から術前、術直後、術後1週間。何と効果的な手術でしょう!。冗長な内反した白唇がスッキリして、赤唇が綺麗に見えます。

IMG_8244IMG_8258IMG_8584側面像でも素敵な結果でしょう。内反ではなくせました。赤唇の露出も丁度良いでしょう。お淑やかな雰囲気は残せています。デザインの程度の問題です。

術後2週間からは並べます。

IMG_8643IMG_8649

全抜糸しました。鼻翼の横の創はやはり2週間置いた方が綺麗になります。腫脹が引いてきたら、赤唇縁のCupid の弓型のカーブが綺麗に見えてきます。人中は下の方が深く狭くなり白唇にhy往生を魅せます。人中綾の下端はCupid の弓の頂点ですから同時再建がなされる訳です。口唇結節は全くなかったので再建したかったのです。わずかに前向きに出来ましたが正面像では立体視ができません。ただし口唇結節の両側に溝があるのは結節ができた証拠です。

IMG_8646IMG_8648腫脹が引いてきたら白唇の外反が見えてきます。赤唇も綺麗に露出します。口唇結節は前向きになりました。斜位像でも人中が判ります。傷跡も目立たなくなってきました。

今回は術後2ヶ月までの経過を診てきました。患者さんは奥ゆかしい女性なので、大悦びを表出はしないで、微笑みを湛えて診療を受けていました。素敵です。

術後1ヶ月で画像を再診です。

IMG_9159IMG_9164

上下口唇の比率はどうあれ、バランスの取れた口元が強調されました。頤については考えなくて良い雰囲気です。それはE-ラインが綺麗だからです。口角も下がりませんでした。

人中も深く狭くなり、弓も切れ込みができて”らしく”なりました。結節は?・・。患者さんは「出来ましたね!。」と満足な表情ながら、突然「もっと作ってもよかったかしら?。」と訊いてくるのです。私、直ちに手でシミュレーションしてみるも、「口が小さくなってしましますよ。」と一言。さらに「口角挙上術の適応があれば同時に口唇を横に拡大できますが、必要ないし真横に引いたことありません。」と説明すると、患者さんも「たぶん真横に引いたら創に緊張がかかりますよね。」と判っています。この患者さん美的なセンスと知的雰囲気が豊富で、診察していて楽しいのです。

IMG_9161IMG_9163こうして斜位像や側面像で立体的に診ると、口唇結節も前を向いて楚々とした雰囲気に品が加わりました。

今後もっと評価を交わしてみたい患者さんです。術後3ヶ月までは来院しないかな?

当院では、厚生労働省により施行された省令「医療機関ホームページガイドライン」に遵守しホームページの修正を行っています。

施術のリスク・副作用について・麻酔薬にて、アレルギー反応を起こす場合があります。その場合は適切な処置を行います。・腫れは個人差がありますが、手術直後から少し腫れがあり、翌日がピークで徐々に引いていきます。目立つほどの大きな腫れは1~2週間程度です。・術後のむくみや細かな左右差の改善には、3ヶ月程度かかります。・内出血が起こった場合は完全にひくまでに2週間程度かかることがあります。・感染予防のため、抗生剤を内服していただきます。・抜糸までの間、鼻下を伸ばす表情はお控え下さい。・口唇部の違和感は、2~4週間程度かかります。・手術後2週間は、口を大きく開けることはお控え下さい。・手術直後は、つっぱりを感じることがありますが、2週間程度で改善していきます。・手術当日は、洗顔をお控え下さい。・手術後3日間は、飲酒・激しい運動・サウナ・入浴など、血流が良くなることはお控え下さい。・手術後1週間(抜糸まで)は、鼻孔部位のお化粧はお控え下さい。・ケロイド体質の方は傷跡が残りやすい場合があります。

費用の説明も加えなければなりません。上口唇短縮術は28万円+消費税。口角挙上術は25万円 +消費税。局所のブログ掲載の契約を受けてもらえたら、出演料として20%オフとなります。