2020 . 6 . 22

こめかみリフトは剥離次第!

リフト手術は読んで字のごとく持ち上げることですが、他の部位と同様に切る手術と切らない手術があります。当たり前のことですが、切らない手術は糸で引っ掛けるだけです。眼瞼でも鼻でも必ず皮膚からずっこけてきますから、戻ってしまうことがあります。リフトでは昔は、溶けない糸を入れたら長持ちしましたが、かなり多くの症例で糸が露出してきたりしてトラブルを生じました。今は溶ける糸を使っていますから露出は無いにしても、当然戻ります。糸の跡が瘢痕になり保てるという説は眉唾ものです。

なお移植術は保てます。入れたものは残ります。対してたるみの皮膚を切除して引き上げても、後戻りは生じます。皮膚は術後早期にもまた伸びるからです。チェーン店では皮膚を切除して`テキトー`に縫うだけの”なんちゃってリフト”が横行しています。患者さんに聴くと、早いと1ヶ月で元に戻るようです。

そこで切開切除手術は剥離と縫合法が重要事項なのだと強弁しておきます。リフトについて言えば、皮膚を切開したら皮下脂肪層の最浅層を皮膚につけたまま同じ深さで剥離していきます。引き上げて余った皮膚を切除して、縫合します。剥離して挙げた皮膚は下面と癒着していきます。面ですからしっかり癒着してずれが少ないのです。縫合は真皮縫合を細かくぴったり合わせれば後日傷跡に幅が出ませんから後戻りを防げます。

これが切開リフトの仕組みです。それでも後戻りはゼロではありません。靭帯縫合で防げるとか、SMAS弁で防げるとか言ってもゼロにはできませんし、顔面神経損傷の危険もあります。特にこめかみ部の生え際付近には顔面神経が浅いので、絶対に層を違えてはいけないエリアです。ただし逆に、こめかみリフトは皮膚だけを頬骨隆起を超えた範囲まで剥離し、頬前のゴルゴ線の外側までをぎゅっと引き上げればかなり挙がります。鼻唇溝も伸びます。ただし申し訳ないのですが、これより前まで剥離しようとしても、顔は丸いので道具が届かないし、視野が得られません。内視鏡を使えばできますが、結局手が入りませんから止血が不能です。

症例は41歳女性。これまで幾つかの手術を受けてきました。眼瞼はよくできているます。口周りもスッキリしました。ご覧のようにJowl lift を広範囲剥離で見事に挙げた(患者さんの提案)のが見て取れます。ブログにも載っています。今回こめかみリフトを同様に広範囲剥離で行おうと提案されました。実はブログに何例か載っています。視たそうです。5年前に他院で頬前(ゴルゴライン部)に脂肪注入を受けていて、針で剥離したそうです。ハニカム化した訳です。ご覧の様に何か入っているのに線が見えて、たるみ感が見えて効果が足りないし、Jowl lift で下顔面がすっきりしたいからバランスをとりたい輪郭を呈しているます。

ならば私の得意な頬骨隆起までの剥離を加えたこめかみリフトでしっかり挙げてみましょうとプランが一致しました。

画像は、各方向の術前の術前と術直後から載せます。

IMG_8930IMG_8879IMG_8882

術前にはゴルゴ線に何か見えます。デザイン画で剥離範囲が描いてあります。ゴルゴ線の外側まで眼窩の下までです。術直後は腫脹で横に拡がります。皮膚が白くなった範囲は麻酔が入ったところです。血管収縮剤としてアドレナリンを含有しているからです。麻酔で白い範囲は剥離しました。デザインの範囲に一致していますよね!。

下四列には、右側面、左側面、右斜位、左斜位の順に。

IMG_8935IMG_8881IMG_8885IMG_8933IMG_8880IMG_8883

デザイン後の側面像では、切開線と剥離範囲が判ります。引き上げ方向は約45度にしますから、自ずから切開線は決まります。術直後の縫合線は生え際ギリギリです。

IMG_8934IMG_8886IMG_8932IMG_8884

斜位像や側面像では腫脹による横への広がりが見えませんから、挙がりが判ります。斜位像では鼻唇溝の浅くなったのも判ります。

術後1週間で抜糸しました。

IMG_9154正面像では腫脹に依る横への膨らみが半分減りました。

IMG_9158IMG_9156IMG_9157IMG_9155

斜位像や側面像で頬前のたるみ感がなくなっています。なお黄色いのは皮下出血が溶けてビリルビンだけが残っているからです。次週には吸収されるでしょう。患者さんに「黄疸と同じようなものです。でも別に肝臓障害でなく手術というイベントのためですから吸収されます。」と説明したら、納得されていました。

今後腫脹の軽減と共に、後戻りがどれだけ生じるかは経過を診ていきましょう。お楽しみに!

術後1ヶ月で診ました。

IMG_9723頬骨隆起部(頬の角)の腫脹が吸収されて、顔が小さくなります。ゴルゴ線は見えません。頬骨隆起部の下の腫脹も吸収されて、シュッと細くなりました。このあたりがこめかみリフトの効果としてよく解る点です。

IMG_9720IMG_9721IMG_9719IMG_9722

両斜位像でも両側面像でもシュッとした輪郭が診られます。たるみは見えません。さすがに術後1ヶ月では後戻りは見られません。傷跡はまだ赤い線が診られますが、訊くと「視てもらおうと思って、髪を引っ詰めてきました。」ですって、私「ちゃんと生え際を切っていますから、白くなれば見えないでしょう。」と言い訳しました。その点については次回診ましょう。

当院では、2018年6月に厚生労働省より改定され施行された省令「医療機関ホームページガイドライン」に遵守しホームページの修正を行っています。

施術のリスク・副作用について・麻酔薬にて、アレルギー反応を起こす場合があります。その場合は適切な処置を行います。・腫れは個人差がありますが、手術直後から少し腫れがあり、翌日がピークで徐々に引いていきます。目立つほどの大きな腫れは1~2週間程度です。・術後のむくみや細かな左右差の改善には、3ヶ月程度かかります。・内出血が起こった場合は完全にひくまでに2週間程度かかることがあります。・感染予防のため、抗生剤を内服していただきます。・抜糸までの間、鼻下を伸ばす表情はお控え下さい。・口唇部の違和感は、2~4週間程度かかります。・手術後2週間は、口を大きく開けることはお控え下さい。・手術直後は、つっぱりを感じることがありますが、2週間程度で改善していきます。・手術当日は、洗顔をお控え下さい。・手術後3日間は、飲酒・激しい運動・サウナ・入浴など、血流が良くなることはお控え下さい。・手術後1週間(抜糸まで)は、鼻孔部位のお化粧はお控え下さい。・ケロイド体質の方は傷跡が残りやすい場合があります。

費用の説明も加えなければなりません。こめかみリフトは40万円+消費税です。リフト手術は顔面全体を載せますから、ブログ掲載の契約を受けてもらえたら、出演料として40%オフとなります。