2020 . 10 . 15

L型プロテーシスに鼻唇角プロテーシスを組み合わせるのを分離型と言います。

鼻唇”角”は読んで字の如く’角度’です。部位としては鼻柱基部の深部にプロテーシスを入れます。側面像で、鼻尖から後方へ鼻柱が造る線と、白唇(口唇は赤い部分だけでなく皮膚の白い部分も口唇で、皮膚色ですから白唇、はくしんと読みます。) の交わる角度が鼻唇角です。患者さんには、最低限直角以上にしたいと云われます。鋭角だと正面から視て、鼻が喰い込んで見えるからです。角度を変えるにはプロテーシスで鼻柱基部を前に出す事ができます。

鼻唇角プロテーシスは韓国で「ネコ手術」と称されて流行っている様です。確かに東アジア人に鼻唇角が鋭角で喰い込んでいる人が多いので、韓国には患者が多いのでしょう。もちろん日本人の半分は遺伝的要素が同じですから適応患者は多数です。ちなみに鼻唇溝の上の三角形の深い部分にプロテーシスを入れる手術を「貴族手術」と称してセットで広告しています。それはまたの機会に。

しかし渡航制限により韓国では手術できないので、本邦では私しか居ない訳です。本症例の患者さんもよく私を見つけ出しました。ブログのお陰です。本来私と父の開発したオリジナル手術ですが、近年韓国に盗まれました。韓国では広告効果で流行り始めましたが、プロテーシスはやや硬くて質がよくない様です。もっとも本邦でも、良い材料がなかなか手に入らない様です。

私は作れます。何故なら父が台付きL型プロテーシスの使い手で、本邦で唯一と言ってもいい大家でしたからです。なぜ唯一かというと難しいからです。父は約50年前,1970年代から使っていました。台をANS,Anterior Nasal Spine:前鼻棘(鼻柱基部の深部の骨)に乗せ、鼻柱内に連続させて、鼻尖でL型に繋がるので、鼻尖の皮膚に負担がかかるのです。加齢で鼻尖の皮膚が菲薄化して露出した症例を、父の死後私は継承して治しました。また今から14年前の父の晩年の作では、取り出してみたらプロテーシスの面取りが不足で綺麗でなかったのは残念です。

父はある時、台だけを入れる適応の症例を見出し、鼻唇角プロテーシスとしました。そうしてみるとその適応症例は少なくなかったのです。父は台付きL型プロテーシスのデザイン時にも鼻唇角は90度以上を目標とし、時には120度にしたこともありました。本当のアップノーズをつくるためです。昔の白人の美人女優には多く居ました。例えばイングリッドバーグマンが好例です。鼻唇角プロテーシスだけでも効果が得られます。

そしてその当時、ある有名な今は亡きF医師(D夫人の初療医?)が、台とL型を分離させて入れました。間隙があるから余裕が生じて安全だと考えたのです。最近でも彼の息子さんが使っていて2例診ました。そしてL型と台=鼻唇角プロテーシスを同時に入れるのが分離型手術なら、別日に入れても同様の効果が求めたられる訳です。本症例はL型が先行し、渡航制限後私に罹り、鼻唇角プロテーシス挿入術を受けました。こうして日韓合同での分離型プロテーシス手術の一症例となりました。

症例は21歳女性。韓国で1年前鼻プロテーシスL型挿入術。ご覧のように輪郭は整っているが、両側歯牙1(前歯:前から数えます)が前凸し、歯槽骨がV型に前凸しているが、歯科矯正は考慮していない。ただし歯槽骨は前凸しているが、相対的に歯槽骨の上=ANS部(鼻柱基部の深部の骨)が後退していて、鼻唇角が食い込み約60度と鋭角。またL型が鼻柱の中間までで三角錐形、これを円錐形にする。できれば鼻唇角を90度目標としたい。患者さんはこれまでの症例をブログを視ていて、半年以降なら追加も可能なことを知っていて、その含みでまず手術したい希望でした。

当日、根本的に鼻唇角を90度にしないでよいと!、もう一度後日増量をする可能性もるからと申告された。つまりある程度の効果を求めていた。さらに鼻唇角は鋭角で良いとも云われた。さらに患者さんは中心化の成立しない懸念を述べられた。最近の症例は全例レティナーを使用して、中期的に後療法をしているため、大きく曲がったり突出することが起きないと教えたら安心された。

なお触診で測ると、鼻中隔先端から鼻柱までのルーズな組織が5㎜あり、鼻柱を3㎜下げるには5+3=8㎜を要すると考えた。患者さんはこの点も控えめで良いと同意された。なんとも優しい可愛い患者さんで、私とのコミニュケーションが成立した。

画像は各方向の術前。術直後を並べます。

IMG_3157IMG_2458

正面像の変化は鼻柱基部(鼻柱から白唇への角のうち鼻柱の両側の点)と鼻唇角の見え方の差です。術前は両側鼻柱基部が見えません。見えるのは鼻柱の前方部だけです。角そのものも影になっていて見えません。術後は鼻柱基部と鼻唇角全体の折れ返りが見えます。

IMG_3158IMG_2459

近接像で見ると、術前は両側鼻翼基部よりも鼻柱基部が上方にあります。術後は下向き三角になりました。

また術後には鼻唇角が見えるだけでなく、鼻孔底隆起,Nostril sill(鼻の孔の入り口の後ろ側の土手)が鼻柱基部まで連続しています。

鼻唇角増量術は3次元的視点が欲しいので、両側側面像と両側斜位像を視ましょう。

IMG_3161IMG_3162IMG_3160IMG_3159

上列は術前。鼻唇角は約60度です。斜位像では鼻柱基部の折れ返り線が見えません。またL型プロテーシスだけでは、鼻綾(鼻スジ)線の延長よりも鼻尖が後ろ(低い)にあります。

IMG_2462IMG_2463IMG_2461IMG_2460

術直後に鼻唇角は鈍角になりました。実は腫張が影響しています。それが証拠に人中付近の白唇が前突しています。鼻柱基部は鼻柱の影に隠れていますが、逆に影でない部分が鼻柱で、影は折れ返り線の下と明瞭に区別できます。

鼻柱そのもののカーブも、術前は鼻尖から直線的でしたが、術後は鼻尖から後方に向かって前突の湾曲ができました。これが綺麗な鼻柱です。

側面輪郭上、Eーラインが直線上に並び口元が優しい。歯牙1が出っ歯でも口が出ていないから、可愛くて下品でない。でも鼻唇角が喰い込んでいると、やはり口が出て見え品が落ちる。本症例は幾つかの点でよくできているが、現時点でここだけは治しておきたい考えは正しいと思います。

今回術前と術直後の画像を比較しました。今後の経過で微妙に変わります。小さい増大手術なので腫張が大きく影響します。シリコンプロテーシス手術は減量しませんから決して後戻りはしませんが、腫張の軽快に従って喰い込みます。現在オーバーコレクション,Overcorrectionですからちょうどよくなります。私一応計測してデザインしましたし、術中にプロテーシスを作る際、切っては患者さんに当ててみて、サイズを確認してを、念入りに3回は繰り返しました。今後の変遷を視ましょう。

術後1週間で抜糸しました。各方向2枚ずつですが、訳があります。

IMG_3292IMG_3298

 

上記に記してあるが如く、歯牙1、1が前方移動していて歯槽もV字型に前凸していて、それでいて、ANSが低い為に鼻柱が鼻唇角に向かって喰い込んでいる。この様な口周りの形態では、通常歯槽骨の傾斜を変えるか、歯牙矯正を検討します。でも本症例の患者さんは先ず鼻唇角プロテーシスを希望されました。逆に歯牙が出ていると、上口唇を閉じる際に上の口輪筋に力が余計に要り、上白唇が縦に伸張しています。つまり上白唇が長くなります。であれば口を閉じないでいたらどうかと訊きました。患者さんも「日常力を入れなければ開いています。」と答えます。そこで私は口を閉じる画像を閉じようとしない画像をリクエストしました。

診ると口を閉じないで歯牙1、1を露出させている上右の画像上では赤唇が綺麗でな弓型で、結節が前を向き、綺麗です。口を閉じる画像では上白唇が伸展しているのに、閉じなければそうでもなく、力が入らない分人中も綺麗です。上白唇を、つまり鼻の下を伸ばす際には鼻柱基部も引き下がりますが、鼻唇角プロテーシスを入れたらどちらの際にも下がり、鼻柱基部が喰い込んでいないから口元が可愛くなりました。

IMG_3293IMG_3299

実は歯牙を露出していると可愛いのです。前突しているのに閉じようと力を入れると赤唇まで下がり人相が変わります。本症例の患者さんは現時点では口を閉じないでいた方が可愛く、鼻柱が綺麗になって可愛く綺麗な口元です。

IMG_3296IMG_3297IMG_3295IMG_3294IMG_3302IMG_3303IMG_3301IMG_3300

4方向でも口を閉じる画像と閉じないでいる画像を頂きました。3次元的に診るとよく判る様に、鼻柱から鼻柱基部はスッキリして、力が入ったら上口唇が絞まり下口唇が突ですが、力を入れないと白唇がC-カールを呈して赤唇が可愛いく魅せます。

何れにしても鼻唇角プロテーシスは口元の雰囲気をスッキリさせました。内面的にも可愛い人で、いつもニコニコしている女子です。歯を見せていてもよい人です。

術後1ヶ月で魅せてくれました。

IMG_3807IMG_3811

正面像は位置がポイントです。レティナーを使うと中心化を保持できます。その上で鼻柱が鼻翼よりも下にあります。術前は水平でした。

IMG_3814IMG_3815IMG_3813IMG_3812

鼻唇書くはほぼ直角です。側面像では上赤唇が下赤唇よりも前方ですが、これがまた可愛い。鼻尖の押し上げ効果は少々ですが、喰い込んでいないから綺麗な口元です。何しろ歯槽骨はE-ラインよりも後方にあるので、優しい表情なのです。その点には鼻唇角プロテーシスも寄与しています。

当院では、2018年6月に厚生労働省より改定され施行された省令「医療機関ホームページガイドライン」に遵守しホームページの修正を行っています。

施術のリスク・副作用について・麻酔薬にて、アレルギー反応を起こす場合があります。その場合は適切な処置を行います。・腫れは個人差がありますが、手術直後から少し腫れがあり、翌日がピークで徐々に引いていきます。目立つほどの大きな腫れは1~2週間程度です。・術後のむくみや細かな左右差の改善には、3ヶ月程度かかります。・内出血が起こった場合は完全にひくまでに2週間程度かかることがあります。・感染予防のため、抗生剤を内服していただきます。・抜糸までの間、鼻下を伸ばす表情はお控え下さい。・口唇部の違和感は、2~4週間程度かかります。・手術後2週間は、口を大きく開けることはお控え下さい。・手術直後は、つっぱりを感じることがありますが、2週間程度で改善していきます。・手術当日は、洗顔をお控え下さい。・手術後3日間は、飲酒・激しい運動・サウナ・入浴など、血流が良くなることはお控え下さい。・手術後1週間(抜糸まで)は、鼻孔部位のお化粧はお控え下さい。・ケロイド体質の方は傷跡が残りやすい場合があります。

6月から費用の説明も加えなければなりません。鼻唇角プロテーシス挿入術は15万円+消費税です。ブログ掲載の契約を受けてもらえたら、出演料として顔面全体を使う場合20%オフとなります。ただし当初は載せませんでした。