カテゴリー別アーカイブ: 縫合

2019 . 3 . 13

口周りの手術は適応次第。

若年者で人中付近の白唇が長く、歯槽骨:歯の植わっている馬蹄形の骨の湾曲が強くて前突している人は野暮ったい顔面形態を見せるので、口周りの手術の適応度が高いのです。さらに鼻翼の下が特に長い人はちゃんと挙げないと富士山型になり兼ねないし、その様な人は口角も下がっている訳で、口角挙上術を併用する必要性が高い。 私はそのような症例ばっかり手術してきました。いや、それ以外の適応性の認められる症例も沢山あり得ます。まず白唇長を計ります。ついで側面から見て定規を当ててE-ラインを見ます。続いて顔面縦の上中下を計ります。尚、上顔面は生え際から眉下、中顔面は眉下から鼻下、下顔面は鼻下から頤尖です。次に上下口唇の比率を計ります。上下口唇の幅は黄金比率の5:8が理想とされます。ここまでが上口唇短縮術の適応性を
▼続きを読む
2019 . 3 . 6

可愛い女子にはもっと可愛くする口周りの手術。顔はバランスが大事。

何か可愛い女子。 症例は28歳女性。3年前他院で眉下切開とその際にROOF切除。鼻は有名な形成外科医で出来上がっている。何かと可愛らしさを作り上げてきた。 眼瞼は手を付けていない。狭い二重で眼瞼下垂傾向。蒙古襞の拘縮が目立ち眼裂横径も小さい。でも契約上眼瞼は載せません。 白唇長(鼻柱基部〜Cupid's bow,弓の底)18mmと丸顔なのに長い。上顔面(生え際〜眉下)55㎜:中顔面(眉下〜鼻下)65㎜:下顔面(鼻下〜頤尖)61㎜で丸顔。上口唇(白唇+赤唇)25㎜:下口唇(赤唇〜頤尖)36㎜と、黄金比率の5:8を当てると見た目どおり上が長い。E-ライン(鼻尖口唇頤尖を結ぶ線)は直線上。人中は明瞭だが画像の様に弓が緩い。結節も無いに等しい。白唇に外反C-カールが無い。 白唇を4
▼続きを読む
2019 . 3 . 6

やや面長の優しい雰囲気の女性ですが、下顔面の長さが目立つなら口周りから!。

何故かこのところ下顔面が長い症例が増えました。私が毎回計測値を書いているため、適応なのかを診察に来るのでしょう。考え方としては、顔面の縦を上中下に分けて考え、下顔面の中で上下口唇の比率を計測します。顔面の横は顔の幅を、頬骨弓最大幅と下顎角(いわゆるエラ)の幅で見た上で、部品の幅を眼裂横径と眼球の位置、内眼角間と計り、鼻翼幅口唇幅との比率を見ます。ちなみに前後関係は鼻頤口唇のE-ラインが主体で、他にも前への丸みは顔の幅や長さを打ち消します。こうして計測して比率を診て、どこをどう治せば理想的かを議論します。 この見方は美容外科の基本です。私は医師と成った後に直ぐに美容外科クリニックに就職することも可能だったのですが、父の助言も加味し、出身大学の北里の形成外科・美容外科に入局しました。今とな
▼続きを読む
2019 . 2 . 27

やはり口周りの手術は最終兵器。

細かい事は書きませんが、顔面のいくつかの点を改善して来た患者さんです。その結果顔立ちがキリッとして綺麗です。所謂目鼻立ちも元々はっきりしています。そうですと、残りは口元のバランスをさらに最適化したくなるのでしょう。私がいつもブログで細かい計測値や比率を提唱していますから、患者さんは理解して来院されました。今回術後3ヶ月でまとめて掲載し直します。 先ず診察しました。症例は28歳、女性。人中部白唇長17㎜。上顔面57㎜:中顔面59㎜:下顔面61㎜と比率的に下顔面がそんなに長くはない。ただし上口唇(鼻柱基部〜赤唇)25㎜:下口唇〜頤36㎜と黄金比率の5:8よりも上が3㎜長い。従って上口唇短縮4㎜切除を適応出来る。赤唇はカールしているが白唇は直線的なので外反(C−カール)が欲しい。人中は浅くC
▼続きを読む
2019 . 2 . 27

満を辞して口周りの手術。もともと定番の人中部白唇短縮術と口角挙上術

一目見て長い症例です。初診は昨年秋で授乳中でしたが、診察だけしました。 症例は39歳女性。人中部白唇長(鼻柱基部~Cupid's bow赤唇縁の弓型の底)21mm。十数年前に他院で眼瞼切開。目頭の蒙古襞は拘縮し、眼裂横径25mm:内眼角間37mm:角膜中心間64mmと数字的に離れていて、吊り目になっているため治すべきだとサジェストした。白唇は15mmを目標に6mm切除を希望。E-ラインは下口唇が5mm前方。上口唇はE-ライン上だが薄くなった。赤唇はバランスが取れている。外反は軽度希望。人中と弓は明瞭で結節もある。顔面部品横サイズが内眼角間37:鼻翼幅38mm:口唇幅47mmで口角は40度6mm挙上が適切とプランを立てた。 本年に入って断乳出来たため再診。目頭は後日とし34mmを目標にす
▼続きを読む