カテゴリー別アーカイブ: 美容形成外科学博士

2019 . 1 . 17

本年第一番目の口周りの手術症例の提示です。今年も誠心誠意丁寧に手術します。

平成という元号も最後の31年、西暦2019年です。本年も忙しそう。昨年は口周りの手術に終始しました。日本国が現政権になって6年。私は(私に限らず)反知性主義政権を好ましく思いませんが、何とかミクスと称するまやかしの経済政策は、格差を拡大しながらも、一部に一時的な金銭的余裕を産み、本来不要不急である美容外科医療にも流入しています。外国人(中国が主)のインバウンドもなんとかミクスに因る円安の派生です。今や当院の売り上げの半分近くを占めます。もう一つ、国民の意識として美容医療に対する忌避観念が払拭されて来たからでもありますが、これも経済的高揚があってこそです。私は失われた30年間と共に、苦しみながら美容形成外科医療に携わって来ましたが、この何年かは様変わりしています。 先日患者さんに「先生は
▼続きを読む
2019 . 1 . 14

昨年末は同時手術が週に5件。白唇短縮術と口角挙上術、他にも有って年越しで供覧。

今年もあと数日。大阪院での最終手術の症例となりました。まだ平成18年の症例統計を採っていませんが、おおよそ年に150例の口周りの手術を施行しました。それに今週は5例でした。もしこのペースでいけば年に250例です。それじゃ体力が持ちません。この手術は集中力を要しますから結構疲れるんですよ。いやあ〜!、だからこそ好結果を得られるのでしょう。今年も頑張りました。 そして平成30年最後の口周りの手術の患者さんは私を探してきた嬉しい患者さんです。父の時代(私も手伝っていた時代)に罹っていた人で、口周りの手術の医者を探していたら、よりによって私に行き当たったのです。ブログの紹介文にも書いてありますから、見出せたのでしょう。 昨年末に顔面何部位か脂肪吸引を受けた。目頭の創跡あり。17年前銀座美
▼続きを読む
2019 . 1 . 12

まだまだあるよ!。昨年末は口周りの手術満載でした!。

昨年末は多くの口周りの手術をしました。中でも結果良好な症例です。 症例は32歳の女性。白唇長19㎜。上顔面(生え際~眉下)62mm:中顔面(眉下~鼻下)60mm:下顔面(鼻下~頤尖)70mmと下が長い。中でも上口唇(白+赤)28mm:下口唇(赤+頤)42mmと上口唇が長い。E,Aesthetic-ラインより口が2㎜前突。人中と弓は明瞭。その様な症例に対して5㎜切除を計画。口輪筋を折り畳んで外反を求める。 口角は下がってしまっては残念なので併施が望ましい。内眼角間距離32mm:鼻翼幅38mm:口唇幅49mmと口唇は小さくないが黄金比率を適用して52mmまでは拡大可能として5㎜30度(頬骨隆起方向)で横方向へは5/2=2.5mm、上方向には5/2×√3≒2.5×1.73(ヒトヨヒトヨ
▼続きを読む
2018 . 12 . 17

口周りの手術が流行っています。稀に必要な修正術を提示します。

口周りの手術に邁進しています。先ず人中部の白唇長を測り、15㎜以上は手術適応とします。その上で顔面縦長と上中下の比率を測ると、面長の人でも丸顔の人でも下顔面が中顔面より長い人がほとんどです。C−カールの程度も相談します。 人中やCupid's bow,赤唇縁の弓形も好き嫌いに応じます。その後口角の評価をする際には顔面部品の横幅を計測するのですが、鼻翼が大きい特に内眼角間距離と違い過ぎる場合には指摘しています。鼻翼縮小術をお奨めするのですが、白唇短縮術後に鼻翼縮小術をすると人中部が膨隆してしまうので、白唇部短縮術の際に鼻翼縮小術を併施して、ずらして縫合した方がよいのです。 こうして口周りは相関しますが、最近では鼻翼縮小術は皮弁法を頻用して後戻りもありません。すごい事です。三つの手術
▼続きを読む
2018 . 12 . 15

人中部白唇短縮術の単独施行症例は適応次第です。

私も白唇部短縮術から単独で施行するのは反対しません。考えてみれば判ることですが、白唇短縮術に於いて、私は両側鼻翼基部の間だけを同じ幅切除しますから、口角は挙がらないので、術前と比べて相対的に口角が下がるのは当然です。個体差として、術前に口角がキュンっと挙がっている人は術後も下がりはしませんが、術前は挙がっていたのに術後に水平になり、残念な気持ちになる可能性もあります。 実は以前には、口角を挙げようとして鼻翼の外側まで切除してみました。ところがやはり傷跡が見えてしまいます。3例だけで止めました。また、私と同じ切開のデザインで、口角に向けて引き上げる様に縫合する手術を見たことがありますが、やはり変な形でしたし、鼻翼が横に引っ張られるのが治らないことになります。 でも、必ずしも白唇短縮
▼続きを読む