カテゴリー別アーカイブ: 美容形成外科学博士

2019 . 3 . 15

鼻尖と鼻翼の手術はセット。鼻陵が不要の症例もあります。

外鼻の手術は、種々あります。ところが顔の形態は個体差が大きいのです。鼻は特に足りないところと足りているところのバランスを取りたいのに一部の足りないところだけ欲しがって、例えば鼻陵(鼻スジ)は通っているのに鼻尖(鼻の頭)が下がってしまい鷲鼻(Drooping nose)になったり逆に鼻尖だけ高いアップノーズを越えたファニーノーズになってしまった症例をまま見かけます。 最近はヒアルロン酸等での治療が主体になっています。ところヒアルロン酸での治療中にも、患者さんが費用をケチったり、変化を少なくしたがって却って不自然な外鼻になってしまう事があります。これは患者さんの側が造る問題でもありますが、経験の足りないチェーン店系の若造の美容整形医師は美容学を学んでいないからでもあり、患者さんの言いなりに
▼続きを読む
2019 . 3 . 13

口周りの手術は適応次第。

若年者で人中付近の白唇が長く、歯槽骨:歯の植わっている馬蹄形の骨の湾曲が強くて前突している人は野暮ったい顔面形態を見せるので、口周りの手術の適応度が高いのです。さらに鼻翼の下が特に長い人はちゃんと挙げないと富士山型になり兼ねないし、その様な人は口角も下がっている訳で、口角挙上術を併用する必要性が高い。 私はそのような症例ばっかり手術してきました。いや、それ以外の適応性の認められる症例も沢山あり得ます。まず白唇長を計ります。ついで側面から見て定規を当ててE-ラインを見ます。続いて顔面縦の上中下を計ります。尚、上顔面は生え際から眉下、中顔面は眉下から鼻下、下顔面は鼻下から頤尖です。次に上下口唇の比率を計ります。上下口唇の幅は黄金比率の5:8が理想とされます。ここまでが上口唇短縮術の適応性を
▼続きを読む
2019 . 3 . 6

可愛い女子にはもっと可愛くする口周りの手術。顔はバランスが大事。

何か可愛い女子。 症例は28歳女性。3年前他院で眉下切開とその際にROOF切除。鼻は有名な形成外科医で出来上がっている。何かと可愛らしさを作り上げてきた。 眼瞼は手を付けていない。狭い二重で眼瞼下垂傾向。蒙古襞の拘縮が目立ち眼裂横径も小さい。でも契約上眼瞼は載せません。 白唇長(鼻柱基部〜Cupid's bow,弓の底)18mmと丸顔なのに長い。上顔面(生え際〜眉下)55㎜:中顔面(眉下〜鼻下)65㎜:下顔面(鼻下〜頤尖)61㎜で丸顔。上口唇(白唇+赤唇)25㎜:下口唇(赤唇〜頤尖)36㎜と、黄金比率の5:8を当てると見た目どおり上が長い。E-ライン(鼻尖口唇頤尖を結ぶ線)は直線上。人中は明瞭だが画像の様に弓が緩い。結節も無いに等しい。白唇に外反C-カールが無い。 白唇を4
▼続きを読む
2019 . 2 . 23

出た~、また2回目の白唇短縮術

人中短縮術との手術名が横行しています。人中部だけ短縮すると富士山型になります。私は両側鼻翼基部(鼻翼の下)の間を同じ幅で切除するから富士山になりません。そのデザインでは鼻翼の横に皮膚が余るから、これを治すため傷が長くなりますから縫合が下手な医師には好まれません。実際非形成外科医が手術した痕で、形も良くないし、傷痕も幅が出てしまった症例が、引っ切り無しに私を訪れます。そもそも傷跡は長かろうが短かろうが、幅が出来たら見えるのです。逆に言うと幅が拡がらなければ顔面の前に傷跡があるこの手術(他には眉下だけ)でも見えなくなります。 それには真皮縫合の丁寧度と精密度に尽きます。毎日口を酸っぱくしての強調しています。美容外科医のうちチェーン店系の医師共は新人から就職するか他科からの転向者がほとんどで
▼続きを読む
2019 . 2 . 21

人中部白唇(鼻の下)短縮術は定番。鼻翼縮小術皮弁法の併施もお奨め。口角挙上術は後回しが助かります。

未成年でも手術は適応します。もちろん保護者の承諾は必要です。因みに選挙権は18歳に引き下げられましたが、民事上の成人年齢変更はまだ施行されていません。美容手術は(一般診療も医療行為で契約ですが保険診療が大部分です。)自費で料金が高額なので、民事上の契約行為を確定するため必ず後見者の承諾が必要なのです。本症例は得られました。 ところで、未成年者だけでなく、美容外科治療を軽く考え過ぎる人が増えました。マスコミ(主にTV)ではまだセーケーとかいってバカにしています。年配の日本人の中には、忌まわしい過去の美容整形の歴史を知っている人が多いからです。バブルが弾けて経済的に失われた20年以上の年月には、ビジネスに特化した非形成外科の美容整形屋だけが跋扈しました。何とかミクスの御陰で格差が広がりなが
▼続きを読む