カテゴリー別アーカイブ: 診断=美的センス

2020 . 7 . 3

口周りはトータルビューティーで。顔面部品の比率も考慮して。上から来て下は頤で出来上がりか?。

実に3週間もブログを更新していませんでした。そりゃあそうです。所謂モニター患者さんは少なくなります。ブログを見れば判る様に、術後定期的に来院してもらい写真を頂きますが、やはり外出機会を減らしたい要請があるため、こちらも余りモニターを薦めない様にしています。実は今まで罹ってきた患者さんが今回もモニターでと言うなら、こちらもお願いし易いのです。 昨今の感染症に対する対策では外出自粛要請されていますが、医療者は当然除外されています。美容医療がメインの当院でも、感染対策を怠らずにいれば縮小ながらも開業してきました。特に私は、顔面の手術が大部分を占めるため、マスクを義務化されている現今では、口周りの手術を受けた後に隠せるために、手術の希望者が続いています。患者さんは休業時期だからスケデュールが立
▼続きを読む
2020 . 7 . 1

E-ラインは側方視だけでなく立体像も替えて魅せます。口周りは3次元。

本症例の患者さんには嬉しいお言葉を戴きました。「森川先生は顔面のバランスを診ていって、トータルに治して下さるから、その様な美容形成外科医に巡り会えてよかったです。だから御任せできるのです。」と、私のこれまでの経験から来る美容医療の素養を認めてくれたのでしょう。有り難いお言葉です。ですから幾つかの手術を計画を立てて施行してきました。順を追って一つ一つ施行してきました。一回で終えないのは、第一に私の体力の問題。知的集中力もです。第二に大阪院では局所麻酔手術しか出来ないからです。局所麻酔量には極量があるからです。第三には大阪院の手術は最長で3時間30分だからです。そもそも私は手術を丁寧に時間をかけて行います。特に、今回の手術は技術的に難しく、丁寧に造らないで後戻りが起きては意味がない手術です。
▼続きを読む
2020 . 6 . 25

切れ長整形が似合う人。クッキリ二重が似合う人。はっきりした顔立ちの人。

自粛宣言中は顔の下半分の手術に有用でした。私自身も就労回数を自粛し、手術枠を2/3にしていましたが、そのうち半分以上が口周り(鼻尖、鼻翼、白唇、口角、頤等々)でした。やっと解除されて出掛ける人も増えましたが、マスク装用はまだ半ば義務化されてます。それならついでに眼鏡で隠して眼瞼形成もしようと考える人が居ても良いのでしょう。でも通常の眼瞼形成術切開法後は、眼鏡では隠せない程のダウンタイムです。サングラスを要します。私も「サングラスにマスクでは怪しくないですか?。」と訊いてしまいます。余計なお世話でした。ダウンタイムをどうやり過ごすかは患者さん次第です。しかも個体差があり、ダウンタイムが社会生活に支障を来たす程の困る事のない人も居ます。本症例はその点で良好な経過でした。患者さんとの信頼関係が深い
▼続きを読む
2020 . 6 . 22

鼻尖増高及び下制には軟骨移植。前に一枚入っているけれど酌んでいない。目的を達していないから不自然。診断が不備なんです。

鼻の手術の画像提示が続いています。口周りの手術の派生として鼻唇角プロテーシス(韓国ではネコ手術と呼んでいます)が復活していました。でも鼻尖形成術も得意分野です。鼻尖は鼻の中心ですが鼻の他の部分とのバランスを取っての形態改良が求められます。ですから鼻尖形成術といっても高くするのか?、下に伸ばすのか?、鼻柱まで下げたいのか、鼻陵線(鼻スジ)の延長線との前後関係をどこにするか?、更に鼻唇溝(鼻柱基部)が喰い込んでいるなら必要性を検討しなければならないのか?、周囲の鼻陵は?、鼻翼との関係は?。とにかくいろいろな面を考慮しなければなりません。しかもこれまで触られている場合、内部構造がどうなっているのかは推測の域を出ませんから、開けてビックリな事さえあり、手術プランが意味をなさない事さえあります。
▼続きを読む
2020 . 6 . 22

ゴージャスな美人ですが、これまでの私の治療は更なる美的向上を与えてきました。他院でのこれまでの手術での問題点の改善を求められました。難しかったのです。

長らく当院で私が治療に携わってきました。美しく、そこに居るだけでゴージャスな雰囲気を発散する女子。それでいて明るく素敵な言動に終始する可愛い女性です。 美容医療に対する理解度が高く、美しさをさらに磨くことに喜びさえ感じている様子です。私が長年提唱してきた様に、美容外科は美人が相応しい典型例です。美しい人はより美しく、美しさを保つためには惜しまない。でも実は、本症例患者さんは他院でも受けることがありました。もう一つ私はいつも、美しさはトータルに造り上げていくものだから、出来れば最低診察だけでも、治療計画だけでも、罹り付け医を持っていた方が良いでしょうと提唱してきました。本症例は多分、そのコンセプトを解っているから、また私に罹って下さるのでしょう。なお今回は、他院に対する評価をしません。見
▼続きを読む