カテゴリー別アーカイブ: ゴルゴ線

2022 . 7 . 22

こめかみリフトが流行っていて慣れました。効果は高い。結果は出ます。経過も早い。適応も広い。いいことづくめです。

「慣れました。」と書くと、これまでは上手くなかった様に捉えられるかも知れません。違います。言い訳になりますが、広範囲隔離リフトは他では余りされていません。いや、剥離範囲を患者さんにお示しして教える様な親切で真面目な美容形成外科医は、他には聞いた事が無いというだけかも知れません。少なくともチェーン店系では出来ません。 何れにしても広範囲剥離リフトの効能は余り知られていません。私は今から25年程前に先輩医に教えてもらいました。「靭帯法が一番だが、大変だし危ないし難しい!。次に効いて長持ちするのは広範囲剥離皮下リフトだ。しかも比較的容易だ!。SMAS法よりもいいよ!。」それ以来たまに、”適度”な広範囲剥離リフトをしていました。その後試行錯誤して、剥離範囲を拡大して、今から5年前からは、定番の
▼続きを読む
2022 . 3 . 10

中顔面リフト後は広範囲剥離こめかみリフトで。上中下に分けるので夫々しっかり顔に張りを造りましょう。

約1年前にJowl に対する中顔面の広範囲剥離リフトを施行した患者さんが、こめかみリフトを希望されました。この数年来に利用している手順です。これまでの症例でもそうでしたが、現在私はフルフェイスリフトは出来ません。手術時間を要するからです。他の一部の美容クリニックでは、一日中手術するところもありますが、当院は手術時間を3時間半しか用意していませんからです。もっともこの数年来はスレッドリフトだけしかしない、または出来ない低級美容外科クリニックが横行していますから、美容外科クリニックは増加しても、切開リフトが出来るクリニックの割り合いは少なくなる一方です。何故なら二つの理由があります。広告宣伝やSNSで誘引しているクリニックは、安いかダウンタイムが短い治療を勧めて、数と売り上げを増やすビジネスモデ
▼続きを読む
2021 . 5 . 19

こめかみリフトは適応症例が限られますが、広範囲剥離なら効果抜群です。

フェイスリフトは読んで字の如く、顔を持ち上げる手術名です。だからこの言葉だけでは手術法を意味しません。部位も顕しませんし、効果や持続性も不明だし、患者さんにとっては手術法は術中に知り得ないのでブラックボックスです。 部位で分ければ、上から前額部から眉上から上眼瞼部を引く。こめかみから頬前や目尻を挙げる。耳前部から口角の横のJowl の膨らみを引き上げる。耳後部からはい際を皮弁状に引いて下顎下から頸部を引き上げる手術があります。全部同時には全身麻酔で8時間以上要しますから、費用も嵩みます。私は分けて行います。上中下に分けると局所麻酔で3時間前後で可能です。 手術法のバラエティーは、剥離層と剥離範囲が、効果と持続性に繋がります。もちろん糸で挙げる場合剥離は滅多に行われませんがトライし
▼続きを読む