カテゴリー別アーカイブ: 広範囲剥離

2020 . 10 . 13

フェイスリフト手術を上中下に分けて、どれも見事な効果。

フェイスリフト Face Liftの歴史は長い様で短く、シワ取り術 Rhytidectomyと称していた頃まで遡っっても戦後です。割と大きな外科的手術ですから抗菌剤が発明されてからですし、第二次世界大戦時にはそれどころではなかったのです。1950年代にはUSAのCosmetic surgery:日本語に訳すと美容外科医が論文に書いています。日本人も1962年には論文を書いています。前に目頭切開の説明時に載せた眼形成外科医の内田先生です。その後1974年にSMASの概念が開発されて、欧米ではFace Lift手術が美容外科手術の中心として美容形成外科医 Aesthetic Plastic surgeryがこぞって施行しました。レーガン大統領が受けたのは有名な話です。 日本では美容整形医と
▼続きを読む
2020 . 8 . 14

こめかみリフトは剥離次第!

リフト手術は読んで字のごとく持ち上げることですが、他の部位と同様に切る手術と切らない手術があります。当たり前のことですが、切らない手術は糸で引っ掛けるだけです。眼瞼でも鼻でも必ず皮膚からずっこけてきますから、戻ってしまうことがあります。リフトでは昔は、溶けない糸を入れたら長持ちしましたが、かなり多くの症例で糸が露出してきたりしてトラブルを生じました。今は溶ける糸を使っていますから露出は無いにしても、当然戻ります。糸の跡が瘢痕になり保てるという説は眉唾ものです。 なお移植術は保てます。入れたものは残ります。対してたるみの皮膚を切除して引き上げても、後戻りは生じます。皮膚は術後早期にもまた伸びるからです。チェーン店では皮膚を切除して`テキトー`に縫うだけの"なんちゃってリフト"が横行してい
▼続きを読む