カテゴリー別アーカイブ: 鼻の美容外科

2020 . 7 . 1

E-ラインは側方視だけでなく立体像も替えて魅せます。口周りは3次元。

本症例の患者さんには嬉しいお言葉を戴きました。「森川先生は顔面のバランスを診ていって、トータルに治して下さるから、その様な美容形成外科医に巡り会えてよかったです。だから御任せできるのです。」と、私のこれまでの経験から来る美容医療の素養を認めてくれたのでしょう。有り難いお言葉です。ですから幾つかの手術を計画を立てて施行してきました。順を追って一つ一つ施行してきました。一回で終えないのは、第一に私の体力の問題。知的集中力もです。第二に大阪院では局所麻酔手術しか出来ないからです。局所麻酔量には極量があるからです。第三には大阪院の手術は最長で3時間30分だからです。そもそも私は手術を丁寧に時間をかけて行います。特に、今回の手術は技術的に難しく、丁寧に造らないで後戻りが起きては意味がない手術です。
▼続きを読む
2020 . 6 . 26

鼻孔縁下制術と頤形成術の併施は可能です。

この2ヶ月半というもの、忙しかったです。私は自粛に応じて銀座院の手術日を4分の2.5に減らしましたが、その枠は満員でした。何度も書きましたが、マスクで隠せるから口周りの手術の症例が以前よりさらに増えて、休みを取っているから手術後のダウンタイムをやり過ごせるから、顔面どちらの部位の手術でも受けやすい人が来院しました。宣言が解けてからでも学校が休みならまたリモート授業なら、手術を受ける人はひっきりなしでした。 今回はやはり口周りの手術の一つです。と言っても鼻と頤ですが、やはりマスクで隠せる部位です。この数年私が携わってきた口周りの手術は評判でしたが、最近載せる機会がさらに増えましたから、今後もまだまだ症例は止まらないでしょう。 症例は45歳女性。これまで口周りの手術の修正を図ってきま
▼続きを読む
2020 . 6 . 26

これも口周りの手術です。鼻翼縮小術内側真皮弁法に鼻翼挙上術の併施。

この2ヶ月半というもの、忙しかったです。私は自粛に応じて銀座院の手術日を4分の2.5に減らしましたが、その枠は満員でした。何度も書きましたが、マスクで隠せるから口周りの手術の症例が以前よりさらに増えて、休みを取っているから手術後のダウンタイムをやり過ごせるから、顔面どちらの部位の手術でも受けやすい人が来院しました。宣言が解けてからでも学校が休みならまたリモート授業なら、手術を受ける人はひっきりなしです。 今回はやはり口周りの手術の一つです。と言っても鼻ですが、やはりマスクで隠せる部位です。この数年私が携わってきた口周りの手術は評判でしたが、最近載せる機会がさらに増えましたから、今後もまだまだ症例は止まらないでしょう。 症例は50歳女性。これまで口周りの手術を5回してきました。結果
▼続きを読む
2020 . 6 . 22

鼻尖増高及び下制には軟骨移植。前に一枚入っているけれど酌んでいない。目的を達していないから不自然。診断が不備なんです。

鼻の手術の画像提示が続いています。口周りの手術の派生として鼻唇角プロテーシス(韓国ではネコ手術と呼んでいます)が復活していました。でも鼻尖形成術も得意分野です。鼻尖は鼻の中心ですが鼻の他の部分とのバランスを取っての形態改良が求められます。ですから鼻尖形成術といっても高くするのか?、下に伸ばすのか?、鼻柱まで下げたいのか、鼻陵線(鼻スジ)の延長線との前後関係をどこにするか?、更に鼻唇溝(鼻柱基部)が喰い込んでいるなら必要性を検討しなければならないのか?、周囲の鼻陵は?、鼻翼との関係は?。とにかくいろいろな面を考慮しなければなりません。しかもこれまで触られている場合、内部構造がどうなっているのかは推測の域を出ませんから、開けてビックリな事さえあり、手術プランが意味をなさない事さえあります。
▼続きを読む
2020 . 6 . 22

ゴージャスな美人ですが、これまでの私の治療は更なる美的向上を与えてきました。他院でのこれまでの手術での問題点の改善を求められました。難しかったのです。

長らく当院で私が治療に携わってきました。美しく、そこに居るだけでゴージャスな雰囲気を発散する女子。それでいて明るく素敵な言動に終始する可愛い女性です。 美容医療に対する理解度が高く、美しさをさらに磨くことに喜びさえ感じている様子です。私が長年提唱してきた様に、美容外科は美人が相応しい典型例です。美しい人はより美しく、美しさを保つためには惜しまない。でも実は、本症例患者さんは他院でも受けることがありました。もう一つ私はいつも、美しさはトータルに造り上げていくものだから、出来れば最低診察だけでも、治療計画だけでも、罹り付け医を持っていた方が良いでしょうと提唱してきました。本症例は多分、そのコンセプトを解っているから、また私に罹って下さるのでしょう。なお今回は、他院に対する評価をしません。見
▼続きを読む