カテゴリー別アーカイブ: 鼻翼(小鼻)幅縮小術

2020 . 3 . 25

口周りは口から鼻まで。骨、口、鼻翼、鼻尖の順に来て、引き続き鼻唇角プロテーシス(ネコ手術?)を挿入しました。

本症例は上の題名にある様に口周りの手術に邁進してきました。それもこれも上下顎分節骨切り術の影響で、バランスが崩れた口元を治したかったからです。口はストンペタっとするし、頤は綺麗なのですがE-ライン的に鼻の高さが足りない。鼻翼は骨切りの結果大きくなった。バランスを取るのが難しい症例です。でも一つ一つ治して来て、今や素敵な中下顔面を造り上げられました。その一部始終を魅せていってくれる。とても為になる患者さんです。前段にこれまでの手術経過を載せます。ネコ手術を見たい読者は下段だけ見て下さい。 当初口周りの手術3点セットも適応でしたが、初回は白唇部切除術と口角挙上術に専念しました。人中部白唇短縮術の結果は21㎜だったのを5㎜切除して術後3ヶ月で16㎜と後戻りゼロで満足されています。実は初回手術
▼続きを読む
2020 . 3 . 14

口周りと眼瞼、鼻と来て、懸案の頤。

本症例の患者さんには嬉しいお言葉を戴きました。「森川先生は顔面のバランスを診ていって、トータルに治して下さるから、その様な美容形成外科医に巡り会えてよかったです。だから御任せできるのです。」と、私の出自とこれまでの経験から来る美容医療の素養を認めてくれたのでしょう。有り難いお言葉です。ですから幾つかの手術を計画を立てて施行してきました。一遍にはしません。何故なら第一に私の体力の問題。知的集中力もです。第二に大阪院では局所麻酔手術しか出来ないからです。第三には手術時間枠も大阪院では最長で3時間30分だからです。そもそも私は手術を丁寧に時間をかけて行います。切開縫合手術は特に時間をかけて細かく縫い合わせないと後々で傷跡の幅が出来て目立ってしますうからです。 今回は頤プロテーシス挿入術です。
▼続きを読む
2020 . 3 . 7

2点セットは上白唇短縮術と鼻翼縮小術皮弁法。しかも追加再手術に意味があります。

症例は51歳女性。約2年前に来院。いきなりBull's hornをしたいと述べられた。鼻尖は二分軟骨。PRPや3D Liftなども検討しました。話を上白唇に戻すと、赤唇が薄く、外反C-カールが軽度。ヒアルロン酸でリッジは作り続けています。白唇長20㎜で5㎜切除の適応でした。口輪筋上まで切除。口角は40度5㎜が適応でした。1ヶ月後に手術し、経過良好でした。その1ヶ月後に診察時、口角の傷跡が肥厚性となり後戻りで矢印型を呈しました。白唇は良い形態。鼻翼縮小等はしばらく待つこととなりました。 本年に入って再来し、鼻の手術を希望されました。鼻翼幅38㎜を皮弁法(*脚注)で34㎜に縮小を目論みます。白唇は15㎜で後戻りはゼロですが・・、追加切除を希望されます。上下のバランスを測ると4㎜可能。なおC
▼続きを読む
2020 . 2 . 16

オリジナルの口周り3点セット。その目的をもう一度お教えします。上白唇短縮術+口角挙上術+鼻翼縮小術内側皮弁法。

加齢性に白唇は伸展していきます。生来長い人もいますが、加齢で余計に気になります。もちろん輪郭や骨格も影響します。伸展率は多くの人を経年的に診てきた私は計測によって概ね把握しています。10年で約1㎜の伸展がみられます。生来長い人は加齢顔貌に見えるし、間延びした印象を呈するから短縮したくなります。加齢に伴う伸展は笑っても歯が見えなくなる残念な表情も起こしますし、もったりした口元は野暮った見られます。この様にいろいろな面で白唇短縮術の適応は広い様です。なお唇は赤い部分だけを言うのでなく、その上の皮膚の部分も唇です。鼻の下の言うのでは解剖学的な部位を示しません。洋語ではWhite lip,白唇とVermillion,赤唇と称します。 白唇短縮術は皮膚と皮下脂肪を全層切除して口輪筋を露出します。
▼続きを読む
2020 . 2 . 8

顔面はバランスを取って若返り。上中下顔面を分けて。今回は鼻翼縮小術を埋没で。

加齢性変化は皮膚の菲薄化と伸展が本態で、部位別に形態変形を来します。深部組織の加齢性変化も当然ありますが、顔面では上眼瞼挙筋の伸展弱化と歯牙歯槽の退縮が動的な形態変化を来すくらいです。鼻はどのようなメカニズムで拡がるのかは解明中です。 皮膚皮下組織の伸展は、やはり顔面の中でも薄い部位に起きやすいのですが、皮膚皮下組織は一定の区画ごとに深部組織(骨格、表情筋や咀嚼筋群、筋膜)に固定されています。例えば眼瞼は眼窩縁に、口周りは歯槽骨や表情筋群に上方が固定され、延びた皮膚皮下組織は下に垂れ下がります。 眼瞼は浅葉が皮膚皮下組織で、深葉が挙筋群と眼窩脂肪で、どちらも伸展することがあるから眼瞼下垂症のメカニズムは精細です。口周りでは、鼻の下が固定され、伸展します。口角部は挙上筋群に引き上げ
▼続きを読む