カテゴリー別アーカイブ: スレッドリフト

2020 . 1 . 18

Jowl Liftは3D糸だけでも直接引っ掛けますから効果充分。持続性はまあまあですが、ダウンタイムはごく短いでしょう?。

症例は38歳女性。いきなりブログ視ましたと仰います。Jowlが気になるそうです。Jowlという言葉を発した患者さんは始めてです。何回かはブログに載せましたが、日本語ではないから覚えてくれないのです。これから人口に膾炙するといいですね。こちらとしても分かりやすいし、患者さんにしても注目点=目の付けどころが判ってコストパフォーマンス的にお得です。 Jowl は人間では(動物の顎という直訳ならブルドッグです。)マリオネットラインの外上の膨らみですが、逆に言えばこれがあるからマリオネットラインが出来ます。マリオネットラインは口角から斜め外に流れる溝ですが、下顎骨から口角下制筋が立ち上がっていて言ってみれば骨に皮膚が付いているために溝ができますし、そこには皮下脂肪が溜まらないので、軟部組織の伸展
▼続きを読む
2019 . 12 . 22

Jowlは残念!。動物の顎と訳す一般英語です。辞書で調べましょう。別名下膨れ!

今回の症例はスタッフで36歳の女性です。しかもスレッドリフトのファン?です。これまでに3回施行しました。スレッドリフトは数年は効果が見られますが、年月には勝てません。45分もあればできる簡便かつ有用性の高い手術であるので、何年かごとに受けたくなるのです。若年患者(30代)の女性にも意味が大きい手術ですが、各々の症例の特徴に因ります。その理由を説明します。 人の顔の印象は形態で評価しますが、静的形態と動的形態は治療法が違います。静的形態とは無表情なときの造作で動的形態とは表情で変わる形です。顔は自分で見えないのですが、鏡を見れば見えます。でも表情筋の収縮が皮下組織から皮膚に反映して顔の動的形態を表わすのですが、随意的な行動と不随意的な行動は、本人には区別が付き難いのです。鏡を見る際に不随
▼続きを読む
2019 . 9 . 27

美人なのに可愛い女子。美容医療に理解が深い。素敵な患者さんです。Jowl lift と目尻切開

久しぶりに来院していきなり、手術のプランを立てた患者さんです。と言っても充分に時間をかけて診察して計測して、手術の適応を検討しました。実は逆に、これまで幾つかの部位を治してきたから、治すべき部位は限られます。そしてだから綺麗で素敵な顔立ちです。今回は一つ、懸案事項を治します。もう一つはアンチエイジングです。 症例は36歳女性。8年来のこれまでの経過は多岐に渉ります。画像を視ればある程度判るので説明は割愛します。今回5年ぶりに来院されました。これまでの結果には満足されているからです。 いきなり、いろいろな治療について相談されました。若年時から他院でも罹り、その後私たちも長らく診てきた患者さんですが、さすがに年齢的に治したい部位が生じたそうです。それと懸案だった顔面と目の窓のバランス
▼続きを読む
2018 . 6 . 7

年に一回のスレッドリフトとPRPで若々しく保とう!。

今回の症例は42歳の女性。ほぼ毎年一回スレッドリフトとPRP療法で、若さを保ってきました。”いつものやつ!”みたいに手術治療や注入治療を受けられます。今年もこれがいいとされました。永久的治療でないのですが、メンテナンスになります。その継続でいい感じに保たれています。アラフォーに於ける加齢性形態的変化それは何か?。そこがポイントです。顔面を上中下に分けて診ると判ります。尚上顔面は眼瞼が支配しますが、これまでに治してあります。 画像を見ながら説明します。 正面画像は左が術前、右が術直後です。中顔面と下顔面は本来は眉下〜鼻下〜頤尖をいうが、契約で下眼瞼から下の画像とします。加齢現象で形態変形が起きて見えるのは、下垂と減量です。見えて来る部位は、先天的な形体の差が影響しますから若
▼続きを読む
2018 . 5 . 30

スレッドリフトと眼瞼埋没修正術後5か月の経過

数年間前から時折り来院して、楽しんでいらっしゃる患者さんです。加齢現象に抗う為、眉下切開から入りました。口唇も検討していますが時間の関係で見合わせています。眼瞼は重瞼術埋没法で微調整してメンテナンスしてきました。 今回年末年始を利用して簡単な手術であるスレッドリフトを受けることとなりました。ついでに眼瞼の埋没糸の追加してラインの調整もしました。 画像をご覧下さい。術前術後の正面像、左斜位像、右側面像を並べます。 テープを貼っている2点は3Dリフトの刺出点です。  耳の前のもみ上げの後ろにテープがありますが、ここが刺入点です。  耳前が刺入点で、Jowl (マリオネットラインの後ろ)が刺出点です。 手技を説明します。私はJowl の改善にはスレッドリフトを
▼続きを読む