カテゴリー別アーカイブ: 人中部を含む白唇短縮術

2021 . 9 . 22

術者の私よりも二歳年上でも可愛い女性。口元をもっとセクシーにしたいのは理解出来ます。

「目は口程にものを言う。」と云われる通り、人は目を見て相対します。でも言葉の通り、口元は話す、食べる際に動きます。やはりものを言うのは口ですから、口元にも視線がいきます。ですから表情時には、口元の動きがその個体の内面性(精神性または性格)も表出します。可愛らしさも意地悪っぽさも、相対して会話中に動きを見て感じるのです。口元の形態は加齢で変わります。白唇が伸びて赤唇が薄くなり形も貧弱になる。口角は下がります。 この1年以上は口元を隠す事が求められていますが、自分では鏡で、近しい人は時に視る訳ですから、修復するなら今がチャンスです。更に口は擬態です。口唇を医学用語でLabiaと言いますが、下もLabiaと言いますよね。似てますから?!。人間は直立動物ですから、顔面を見合ってアピールするので
▼続きを読む
2020 . 11 . 15

口周りの手術はセットが適切です!。

8月も終わりに近づき、暑い夏を乗り越えたと思っていたのに、まだまだ残暑が続きます。珍しく時候の挨拶を載せましたが、なんといっても時節柄厳しいムードが漂います。2月中旬から、患者さんが減りました。見直してみたら、何しろそれまでは売り上げの30%以上がインバウンドだったので、渡航制限後はがた減りです。さらに4月以降に緊急事態制限が発令されてからは一般の患者さんも来院を見合わせるようになりました。当院には定期的に来院されるいわゆるリピーターの患者さんも30%くらいいらっしゃいますが、その内の30%くらいの人は来院を見合わせました。ご存知の様に医療機関は自粛対象ではありませんが、何しろクリニック内は人と接触するので、不要不急の美容医療を受けるのを控えたのでしょう。 ところが逆にマスク着用が義務
▼続きを読む