カテゴリー別アーカイブ: 口角リフト

2019 . 1 . 7

口周りの手術が流行っています。形態的不足な症例に対する希少で貴重な修正術を提示します。

口周りの手術に邁進しています。先ず人中部の白唇長を測り、15㎜以上は手術適応とします。その上で顔面縦長と上中下の比率を測ると、面長の人でも丸顔の人でも下顔面が中顔面より長い人がほとんどです。C−カールの程度も相談します。 人中やCupid's bow,赤唇縁の弓形も好き嫌いに応じます。その後口角の評価をする際には顔面部品の横幅を計測するのですが、鼻翼が大きい特に内眼角間距離と違い過ぎる場合には指摘しています。鼻翼縮小術をお奨めするのですが、白唇短縮術後に鼻翼縮小術をすると人中部が膨隆してしまうので、白唇部短縮術の際に鼻翼縮小術を併施して、ずらして縫合した方がよいのです。 こうして口周りは相関しますが、最近では鼻翼縮小術は皮弁法を頻用して後戻りもありません。組み合わせることで白唇の
▼続きを読む
2018 . 6 . 2

いろいろやってもやっぱり口周りの手術(白唇短縮術+口角挙上術)が最終兵器です。

口周りの手術と言えば、ほとんどが人中短縮術と称される上白唇短縮術と、口角挙上術の併用です。時に鼻翼縮小術が併施されます。同時にした方が良い形態が作れる場合が多いからです。 顔面の部品は目、鼻、口の三部位に尽きます。(耳は余り気にされません。)標準的に眼瞼は人の顔の印象の半分を左右します。「目は口程にものを言う。」です。もちろん二重でなければならないのはブログに説明してきていますし、その他の修正点も重要です。鼻は個体差が大きいのですが、鼻スジが低い人や鼻のあたまが上向いた人、丸く大きな鼻は、野暮ったく貧乏くさいので治したくなります。 また旧来骨格の修正術の部類が行なわれてきましたが、最近では専門的に行なう医師が増えてきました。特に日本人(アジア人)には、顔の幅が大きい人と、口が出ている人が多く
▼続きを読む
2017 . 11 . 30

口角挙上術単独が流行り始めました。

口周りの手術が流行っています。白唇部の長さは15㎜以下が理想とされていますから、計って来る患者さんもいらっしゃるくらいで、上口唇短縮術の手術適応決定は容易で、外反度も選べます。白唇部切除は鼻翼〜鼻柱〜鼻翼だけを短縮するので、口角が相対的に下がる症例が多く、口角挙上術を併施する場合が多いのです。でも実は手術の侵襲度が違います。白唇部切除術後は1週間は腫脹が強く、表情筋のダメージに因る運動低下も2週間かかることがあります。対して口角挙上術は内出血することはありますが、腫脹は軽度で、運動痛はあり得るけれど、運動制限も軽度です。そこで日程的に時間差を作って順次手術を受ける患者さんも出てきました。先日来画像提示してきたら、今回の症例の患者さんも口角挙上術を先行することになりました。 症例は25歳
▼続きを読む
2017 . 11 . 29

口唇短縮術には口角挙上術を組み合わせる症例がほとんどです。

本症例はいくつかの手術を受けていて、やはり最終兵器の一つとして口周りの愛らしさを求めた患者さんです。 症例は27歳、女性。上下骨切り術を受けて硬組織が短縮後退させたら、軟部組織が余ったと感じた。鼻柱基部~cupid's bowの底までの長さ17mm。外反も少ない。内眼角間39mm、鼻翼幅36mm、口唇幅45mmと比率的に口が小さい。 いろいろ評価してもやるしかない訳ですが、デザインの微調整に反映されます。切除は白唇部(鼻翼基部~鼻柱基部)を切除5mm。裏返りを求めて皮下脂肪中間層まで切除。口角は45度斜めに5×5mmの三角を切除して、5/√2≒3.5mm上と横に引くデザインを提案した。術直前に相談して40度方向とし、上に挙げることを優先しました。 今回は各方向で術前、術直後
▼続きを読む
2017 . 11 . 15

口周りの手術の印象は3次元で診たい!

口周りの手術を行なう際には周囲の形態とのバランスが重要です。本症例では正面画像ではいい感じの経過が見られます。そして側面像ではどうでしょうか?。誰もが認識出来る様に下顎後退症です。白唇部切除と口角挙上術がどれだけの影響を及ぼすかが面白い症例です。この点は結果を診ていきましょう。 症例は30歳の女性。白唇長(鼻柱基部〜弓の底)21㎜と長い。内眼角間距離31㎜、鼻翼幅31㎜、口唇幅41㎜と横幅のバランスは取れている。顔面縦比は上顔面(生え際〜眉下)60㎜:中顔面(眉下〜鼻下)60㎜:下顔面(鼻下〜頤先)65㎜と下顔面が長い。下顎長は無いので口唇(白唇+赤唇)が長い為に違いない。歯は下げたが歯槽の前突は残り、上口唇の前傾も残る。ただし歯を下げて歯槽が突なため、口唇は前屈形となっている。この場
▼続きを読む