カテゴリー別アーカイブ: PRP療法

2016 . 9 . 15

PRP療法の経過を提示します。解かり易いでしょ?

PRP療法は、目の下の下眼瞼の半月形の膨らみ=目袋の下の半円形の溝=頬瞼溝=別名クマ取りと、鼻の横から斜め下に流れる溝=鼻頬溝=別名ゴルゴ13ラインを埋めて若返るには、第一選択の治療と言えます。 症例は57歳、女性です。実はこれまで切らない眼瞼下垂=黒目整形=NILT法を受けているので目元は元気な印象なのに、目の下が年齢を感じさせてしまう症例です。 上2図は術前で目の下=下眼瞼縁がバッグ状になり、その下に半円形の溝が見られます。 PRP注入直後に溝は埋まります。 1週間目で一回減った時期ですが、溝は術前よりは浅いです。5歳若返ったと言うかんじです。 PRP療法は、皆さんもうご存知でしょう。最近来院される方にご紹介すると「アーあれえ!」って
▼続きを読む
2016 . 8 . 25

PRP注入で増幅すると、こんなに若返ります。

PRP療法は、目の下の下眼瞼の半月形の膨らみ=目袋の下の半円形の溝=頬瞼溝=別名クマ取りと、鼻の横から斜め下に流れる溝=鼻頬溝=別名ゴルゴ13ラインを埋めて若返るには、第一選択の治療と言えます。 症例は57歳、女性です。実はこれまで切らない眼瞼下垂=黒目整形=NILT法を受けているので目元は元気な印象なのに、目の下が年齢を感じさせてしまう症例です。 まずは画像をご覧下さい。 上の画像は左が注入前、右が注入直後です。 上の画像で左斜位で、クマを斜めから見て比較してみましょう。 注入前には目の下に半円形の溝があり、これが影となってクマに見えます。クマは調子の悪い人が疲れている時に見えるので、いつも疲れて見える=先が短く感じさせてしまいます。 ゴ
▼続きを読む
2016 . 4 . 8

遠方からの患者さんが増えています。PRP&スレッドリフト

先週いらっしゃった患者さん。今まで何回もの美容医療を受けている由。なんか違う。症例は55歳、女性。来院当日にいくつかの美容医療を希望されました。 今回PRP2ccによる目じり、ゴルゴライン(鼻頬溝)、鼻唇溝(法令線は人相学用語です。)、頤の凹凸(なんか入っているのが凸凹)の改善。3Dリフトとコグリフトの併用でJowlの改善。ついでにBTXで目じり下眼瞼の小じわも消せるといいですね(すぐには効果が出ないので今回の画像では提示出来ない。) 実は外国在住の患者さんです。でも、帰国するたびに美容医療を受けている模様。情報がないのか、よく判らないのか、受けている施術のコンセプトがバラバラで、どこがどうなっているのかさっぱり判らない症例です。よく視診して、触診するといろいろあるみたいです。
▼続きを読む