2018 . 3 . 19

小っちゃい目元をイケている感じに!

数年前は眼瞼下垂手術と目頭の蒙古襞Z−形成術を多く提示していました。1年半前の症例等は来院患者さんがスマホで開いて「こうして欲しい!」と頼まれる程の評判です。ところが、数年来口周りの手術のブログ提示が急増して、毎週の様に提示してきました。最近眼瞼のモニター症例が少なかったのですが、先週から4例提示症例が続きました。私は術直後から定期的に経過を追って画像提示していきます。切開手術が主なので術直後はすごい画像となりますが、皆さんに経過を知っていて欲しいからです。その結果を参考にして手術スケデュールを立てる患者さんが沢山来院します。こうして術後1週間の画像を提示します。 症例は31歳の女性。先天性一重瞼でアイプチではしわは出来ても引き上げはできない。しかも画像で見られる様にかぶれている。開瞼
▼続きを読む
2018 . 3 . 17

口周りの手術は連携します。艶やかな女性を更に美しく!

本症例の患者さんは、素敵な女性。美容外科治療のファンですが、これまでの治療に満足していない面がある様です。私を訪ねて、口周りの治療を求めてきました。口周りの手術は最終兵器ですが、まだ他にしたいことがあります。単純に白唇部短縮術と口角挙上術の併施は受けたいのは診れば判ります。口周りに付随して、既往の手術後に治したくなった他の部位もあります。全体的な評価は後段にして、まず外鼻から簡単に説明します。 本症例の治療順は口周りの修正としての鼻翼縮小から入りました。その後の経過を診て形態が判明した後に口周りの手術に到りました。ついでに眼瞼の修正をしましたがそちらはブログ提示の契約外なので割愛します。 症例は41歳、女性。若返りを求めて来院されました。まず美容的な評価をします。上下眼瞼、口元等
▼続きを読む
2018 . 3 . 17

お待ちかねの眼瞼手術を楽しみにしていました。

何はともあれ見て下さい。3年の経過で数字的に定着しています。下の二図が3年前の術前術後 右図は現在で、術後5年です。鼻翼(=こばな)の幅を最大幅で計っています。術前が40㎜でした。術直後に34㎜まで引き締めました。1週間後には37㎜まで戻りました。1年後に再度33㎜まで引き締めました。2週間で35㎜まで戻りました。内眼角間(目頭の間の)距離33㎜に近づきました。 この様にこれまで何年間か私が手術をしてきた患者さん。当初から眼瞼をもっとパッチリクッキリにしたいとの希望がありましたが、鼻から入ってやっと眼瞼手術に到ったのです。 本症例の患者さんとはこれまでの診療経過中に信頼関係が深化しているため、手術中は安定して進行しました。でも術前の診察に於いては何回か検討を重ねました。患者
▼続きを読む
2018 . 3 . 16

子供っぽい印象の目元もキリッとして大人顔に!。

この数週間は眼瞼の症例提示が多かったのですが、過去の症例の中長期的経過が出揃ったからでしょう。術前から、デザイン画、術直後、術後1週間の画像では変化は判るけれど、切開手術ではまだダウンタイム中で、市民の参考にならないでしょう。経過して術後2~4週間で形態が見えてきます。完成は3か月とします。その頃の画像を載せたブログが沢山ありますから、それを見てラインうる患者さんが引っ切り無しです。今回も見事な結果を出せると思います。 症例は、32歳女性。先天性一重瞼。アイプチしても二重にはならない。LF, Levator Function,挙筋筋力または滑動距離:瞼縁が閉瞼から最上方視まで動く距離は13mmと正常下限。皮膚は第一眼位(顔面正立位で正面視時)で瞼縁に被さり、見かけ上のMRD(瞼縁から角
▼続きを読む
2018 . 3 . 15

イケてない目元をかなりいい感じに!

数年前は眼瞼下垂手術と目頭の蒙古襞Z−形成術を多く提示していました。1年半前の症例等は来院患者さんがスマホで開いて「こうして欲しい!」と頼まれる程の評判です。ところが、数年来口周りの手術のブログ提示が急増して、毎週の様に提示してきました。どちらも、コスト面からの要請ですが、眼瞼+目頭では全症例の1/3くらい、口周りでは半数くらいがモニター症例になります。最近眼瞼のモニター症例が少なかったのですが、先週から3例提示症例が続きました。嬉しい限りです。私は術直後から定期的に経過を追って画像提示していきます。切開手術が主なので術直後はすごい画像となりますが、皆さんに知って欲しいからです。その結果を参考にして手術スケデュールを立てる患者さんが沢山来院します。書くことが皆さんの為になっているので嬉しい限
▼続きを読む